FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心のケアをする事の難しさ

 今日は看護業務を全部終わらせ、日中だけで帰る人や施設に泊まる利用者さんのトイレ介助も終え、宿泊する利用者さんとゆっくりと話しをしていました。

でも、介護職のリーダーさんに「ゆっくりと話す暇があったら、トイレ介助をしても排尿や排便のなかった人をトイレ誘導をしてください!」と言われてしまいました。

介護職の人出が足りないので、介護職の人の手伝いをしていると利用者さんとゆっくりと話す時間がなくなります。

トイレに行かない利用者さんは放っておかれてボーっとしているだけだったり、認知症で何をしていいかわからずオロオロしている利用者さんを放っておく事になります。

宿泊している人を介護する事も大事ですが、ずっと施設に宿泊していて誰も話し相手がいない寂しさを軽減させる事や認知症で不安を抱えている人の不安の軽減をするような心のケアをする時間がありません。

だからと言って他の施設やクリニックや病院に転職するのは簡単だけど、今の施設で今の看護師や介護職の人出の少なさでも利用者さんの心のケアができるようにしていきたいと思っています。

他の職場に移る事は逃げる事になってしまいそうだから。

これから、もっと仕事に慣れていき、ちゃんと看護業務と介護の手伝いもしながらでも心のケアをできるようになっていきたいと思っています。




よかったら、下のバナーをクリックしてください

にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。